スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    A館は君に2 原稿作成について

    お世話になります。
    狼星屋 店主 tacuyaです。

    さて、今回は『A館は君に2』の原稿作成システムをご紹介したいと思います。

    基本的には前作『A館は君に』と同じく、
    創作か二次創作かを選択し、ページ数などを決めていくのですが、
    前にお知らせした通り、『A館は君に2』では実在のアニメの二次創作同人誌を作ることが可能となっています。

    また、新要素として、同人誌の『属性』というものがあります。

    これは一冊の同人誌につき三つまで指定することが出来ます。

    この『属性』は即売会に来る買い手もそれぞれ一つ持っています。
    同人誌の『属性』と、買い手の『属性』が一致していると評価が上がり、買って貰える確立が高くなるわけです。
    また、特定の『属性』同人誌を作り続けることで、自分のサークルにも『属性』が付きます。
    そうすると、それと同じ『属性』を持った買い手が来易くなり、より同人誌が売れるようになるわけです。
    (いわゆる○○オンリーサークルとその固定客みたいなものですね)

    『属性』はゲーム開始時はほとんど選べませんが、ゲームを進めていく中で新しい『属性』を獲得していきます。


    続きまして、同人誌のタイトル自動作成機能のご紹介です。
    a2_22.jpg

    前作『A館は君に』をプレイしていただいた方からのご意見として、
    『同人誌のタイトルを自動で作成してくれると良い』というのがありました。
    そこで、それを実装してみました。
    まあ、あくまでオートで作成されるものなので、意味の通らないタイトルになったりする場合もありますが、
    『自分でいちいち決めるのが面倒だ』という方はご利用下さい。
    もちろん、キーボードから自分で考えたタイトルを入力することもできます。


    続いても前作をプレイした方からのご意見で、
    『表紙の加工にも拘りたい』というものがありましたので、取り入れてみました。
    a2_23.jpg
    御覧の通り、表紙にPP加工を施したり、ハードカバーの特装本に仕上げることが可能となりました。
    これらの加工を施した同人誌は、当然ながら買い手に買ってもらい易くなります。

    もちろん、そうした加工を施すと印刷費用が跳ね上がりますので、
    ゲーム後半の資金に余裕が出てきた頃にご利用下さい。

    なお、ゲーム開始時点では特装本を作ることはできません。
    特装本を作るためにはゲーム中である条件を満たす必要があります。
    (まあ資金的にも無理なんですけどね)

    最後にコミケ開始画面をご紹介。
    a2_24.jpg
    右下に出ている情報のうち、一般参加人数とサークル数は前回と同様の扱いです。
    その下に出ている項目については、一般参加の際に重要な項目となります。
    詳しくは後日、一般参加についてご紹介する時にでもご説明いたしましょう。

    スポンサーサイト

    改めてA館は君に2の情報です

    お世話になります。
    狼星屋 店主 tacuyaです。

    昨日のはもちろんです。
    (一部真実も混ざっていますが)

    あらためてC82予定『A館は君に2』の情報です。

    A2 キャラ

    ・主人公
    15歳(高校1年生)
    勉強やスポーツは学年でも下から数えた方が早い順位。
    (ただ努力しないだけなので、やれば出来るのかも知れない)

    小学生の時に相棒の家で見た同人誌に感銘を受け、相棒と二人でサークルを結成、漫画を描くようになる。
    (以後、そのサークルのファンになるが、年齢を理由に即売会には行けていない)

    相棒とともに、『大学受験しなくても良いから』という理由で、
    親元を離れて内部進学ができる高校に通っている。(学生寮で1人暮らし)
    だが、その学校の場所は、地上波でまともにアニメが放送されないエリアだった。
    現在は相棒が何処からか仕入れてくる『他地域で放送されたアニメの録画ビデオ』が命綱となっている。

    15歳の夏。ついに相棒とともにあこがれのサークルの本を求めてコミケに一般参加するが…

    ・相棒
    15歳(高校1年生)
    主人公の小学生からの親友。
    非常に要領が良く、大して努力もしているように見えないのに勉強はできる。
    (反面、スポーツは中の下クラス)
    人心を掴むことに長け、知らないうちに『使える人脈』を形成している。

    実家に親戚の『ねーちゃん』が持ってくる同人誌が大量に保管されている。
    『ねーちゃん』の影響でアニメ、漫画、ゲーム等から同人界隈までの事情通になっている。

    小学生の時に主人公とともにあるサークルのファンになり、
    主人公に漫画を描かせて、サークルを結成。いつかあこがれのサークルに会おうと決意した。
    (その頃の二人は、コミケにはサークルじゃないと参加できないと勘違いしていたため)

    その後、15歳になればコミケに一般参加できることを知り、C58に一般参加するが…

    ・メインヒロイン
    15歳(高校1年生)
    1/4だけ日本人なアメリカ人。

    彼女の生まれ育った州はカトリックの力が強く、特に性風俗に厳しい環境であった。
    そんな中、たまたまインターネットで見た『やおい』同人誌にハマってしまい、
    『20歳になるまで』という条件付で祖父の血筋を辿って日本に留学しに来た。
    そんな理由で、大学の単位交換などがあって主人公たちの高校にやって来る。

    性格は明るく、どんなことでも開けっ広げに話す。
    母国語は英語であるが、日常会話程度の日本語はできる。
    ただし意味を履き違えていることが多い。
    その割に、卑猥な言葉だけはやけに知り尽くしている。
    (主に『やおい』で勉強したらしい)

    日本にはサムライとゲイシャがいないことは知っている。
    だがニンジャは隠れているだけでいると信じている。
    ちなみに『かめはめ波』の練習をしている。

    主人公と相棒の関係を見て、主人公×相棒なのか、相棒×主人公なのかを真剣に考える毎日を送っている。


    以上がメインキャラの紹介です。
    一般参加したC58で起きたある事件をきっかけに、主人公と相棒は再びサークル参加を志します。

    ・システムについて

    『A館は君に2』は前作から基本的なシステムを受け継いでいます。
    『日常コマンドでパラメータを上げながら、同人誌を作ってコミケで売る』という形は変わりません。

    ですが、もちろん新要素があります。
    今回は新たに加わった『日常コマンド』と、同人誌制作に関わる新要素をご紹介しましょう。

    『日常コマンド』
    a2_nichi.jpg
    <画面は開発中のものです>

    『A館は君に2』では、土日と平日にターンが分かれており、
    土日は前作同様のコマンド系(絵や話の練習をしたりバイトをしたり)なのですが、
    平日はあらかじめ組んでおいたスケジュールに従って自動で進行します。

    平日のスケジュールは御覧の通り、『勉強』をしたり、『筋トレ』で身体を鍛えたり、
    相棒が持ってくるビデオでアニメを視聴したり…などができます。
    (主人公は学生ですから、当然勉強しないと大変なことになりますし、コミケに参加するのに体力は必須ですよね)
    また、後述の同人誌制作に関わるので、アニメもしっかりチェックする必要があります。
    『A館は君に2』の主人公は結構忙しいのです。

    二次創作同人誌制作
    a2_ani.jpg
    <画面は開発中のものです>

    御覧の通り、『A館は君に2』では、実在したアニメ作品の二次創作同人誌が作れます。
    (前作のおまけモードを通常仕様として実装します)

    よく見るとアニメタイトルの右端にLVの表記がありますが、これはその作品の理解度です。
    その作品を何度も見ることで理解度が上昇します。
    そして、作品の理解度が高くないと、どんなに絵や話の技術があっても、
    二次創作同人誌としては売れないのです。
    (作品の流行度が高いとスペースにたくさん人は来てくれますが、
    理解度の低い同人誌は絵がうまくても買ってもらえません)


    こんな感じで、アニメは日にちが進めば新しい作品が出てきますし、古い作品の流行度は落ちていきます。
    新しいアニメはいち早く『日常コマンド』で何度も見ないといけない、
    でも、古い作品はその分理解度が高くなるから、コアなファンにはウケが良い。
    それ以前に、アニメばかり見ていると勉強や体力に不安が…という感じのバランスになるはずです。


    以上、『A館は君に2』の情報でした。

    4月1日になったので

    お世話になります。
    狼星屋の店主tacuyaです。

    4月1日になりましたので予告どおり次回作のご報告です。

    C82予定『A館は君に2』

    4月1日

    御覧の通りのガチホモゲーになります。

    「筋トレ」で筋肉を鍛え、肉体系バイトで資金を貯めつつ、
    数々のいい男たちを落としていく育成型恋愛シミュレーショゲーム。
    コミケには耽美系(JUNE)ジャンル限定で参加できる仕様となります。
    同ジャンルのいい男たちにホモソーセージなどを「差し入れ」したり、
    「売る」だけでなく「買う側」に回ることもできる仕様となっております。

    というわけで、現在鋭意開発中ですので、続報をお待ち下さい。
    カウンタ
    プロフィール

    狼星屋 店主

    Author:狼星屋 店主
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。